「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
プロヴァンスでドーナッツ!!??
大阪・梅田、阪急三番街地下2階にある『Cafe PROVENCE~カフェ・プロヴァンス
こちら、セルフサービスのお店です。
b0143308_2315522.jpg

「オリーブオイルを使った焼きドーナッツ」と言う看板に惹かれて・・・
b0143308_231693.jpg

コチラのお店、以前は普通のカフェだったはず・・・と、思って調べてみたら
昨年の7月に新しくオープンしたんだそうです。
そう、以前はメニューにホットケーキが載ってて気になってたんです。
結局、いつも満員で行けなかったなぁ・・・。
b0143308_23162581.jpg
b0143308_2316353.jpg

Wチョコとバニラを選びました~♪
あっさりして、美味しいー!これ、自分の中でヒットだったなぁ~。
b0143308_23164565.jpg

何故にプロヴァンスにドーナッツ!?と、ちょっと謎なんだけど・・・
(あったかしらん!?)
b0143308_2317180.jpg

テイクアウトも出来るみたいだから、今度は買ってみよっと。
[PR]
by kash-w | 2011-11-29 23:17 | 大阪 | Trackback | Comments(10)
Willkommen Zum Weihnachtsmarkt Osaka 2011
クリスマス気分、満喫♪
b0143308_22104110.jpg

今年もスカイビルで行われている、ドイツ・クリスマス・マーケット。
(去年はこんな感じ♪
b0143308_2211597.jpg

メリーゴーランド、今年もありました。
b0143308_22112365.jpg


b0143308_22113321.jpg

何を食べるかも楽しみの1つ。
b0143308_22115153.jpg

今年のグリューワインのマグカップ、赤です。
b0143308_2212640.jpg

ひと際、目立つちょっと怖いトロールですが・・・
b0143308_22124072.jpg

お店にはこんなに!
b0143308_2213528.jpg

b0143308_22131829.jpg

今年は汽車が走ってました~。楽しそうに乗る子供たち♪
b0143308_22135224.jpg

クッキーも~。
b0143308_2214513.jpg

毎年、言ってるけど
そんなに変わり映えはないです。でも、コレを見ないとクリスマスが始まらない!
b0143308_22143361.jpg

10月末には、クリスマスツリーは設置していて・・・
横目でちらりと見ておりました(笑)
b0143308_22145124.jpg

アルザス地方のものも・・・
マグカップもクグロフの型も可愛くって。
b0143308_22151482.jpg
b0143308_2215317.jpg

3階から・・・
光が写りこんじゃってるけど、たくさんの人で賑わってます。
b0143308_22154782.jpg

もちろん、グリューワインも♪
今年も白を頂きました~。
b0143308_2216313.jpg

そして、プレッツエル!
b0143308_22162243.jpg

1か月ちょっとで今年も終わり・・・
これまた、毎年言ってるけど
1年って本当に早いっ!クリスマスまで、楽しまなくっちゃね♪
[PR]
by kash-w | 2011-11-28 22:16 | 大阪 | Trackback | Comments(12)
ムビムビ・MOVIE@June.2011
6月に観た映画。

『CHLOE~クロエ』
大学教授の夫と息子の3人で人も羨むような
幸せな人生を歩んできたキャサリン(ジュリアン・ムーア)だったが
彼女の心はいつしか、孤独と焦燥感に蝕まれていた。
ある日、夫(リーアム・ニーソン)の携帯電話に教え子との浮気を思わせるメールを見つけてしまう。
疑心暗鬼にかられたキャサリンは、偶然知り合った若く美しい娼婦のクロエ(アマンダ・セイフライド)を雇って
夫を誘惑させ、夫がどんな行動を取るかを報告させようとする。しかし、魔性の女クロエは
キャサリンの心の隙をにつけ込み、恐ろしい罠を仕掛けていた。やがて、キャサリンとその家族はクロエに翻弄され
平和な日常は脆くも崩れていき・・・

地位もあり、ステキに年を重ねていく旦那と枯れていく妻・・・
妻として母として、求められなくなると
自分は何を生きがいに、どう暮らしていくか悩む・・・
こうなってくると旦那のこと、疑心暗鬼になるのもムリないだろうなぁ。
ジュリアン・ムーアは5月に観た『キッズ・オール・ライト』でも
レズビアンカップルを演じ、脱ぎっぷりもよくて大胆なラブシーンを演じたのを観たところ。
クールで知的な印象を持ってたので、ちょっと意外な面だと思ったんだけど・・・なんだか
どちらの映画も生活に疲れた感がひしひしと出てて・・・(そういう風に見せてるだけ!?)
年取ったなー、いやいや上手いなぁ~。
クロエ役のアマンダ・セイフライド、乗りに乗ってる女優さんだけど
こちらも、脱ぎっぷりもよくってビックリ。最近の日本の女優さんではいないなぁ・・・。
若く妖艶なアマンダ・セイフライドと老いを感じ枯れた感ありのジュリアン・ムーアの掛け合い・・・
見ごたえありです。

b0143308_20352544.jpg

『Los Ojos de Julia~Jullia's Eyes~ロスト・アイズ』(スペイン映画)
角膜移植手術を終えたばかりの女性サラが、自宅地下室で首吊り死体となって発見される。
姉の死に疑問を抱いたサラの双子の妹フリアは独自に調査を開始するが
気がつくと周囲に不穏な人影がちらつきはじめていた。
同時にフリアの視力も次第に失われていき・・・完全失明まで1か月・・・犯人は確実に
フリアに近づいていき・・・

出だしからダークな世界が広がっていてアナドレリンが上昇しそう(笑)
誰が何のために・・・
角膜移植後の手術後に自殺した双子の姉。角膜を提供されて、その提供された人が見てたものが
見てたり、存在しないものが見えたり・・・とお約束のパターン・・・と思いきや
違っております。
存在しない物がいるのかと思ったら、ちゃんと存在してたり(笑)
双子の妹も姉の死をきっかけに、どんどん視力が低下。影のような男に狙われ
挙句、愛する旦那が姉と浮気・・・そして自殺。入院→手術→見えない目で姉の家に戻り
看護人が家にやってきて・・・
どんどん話が進行していき、息を突かせぬ展開に。
こんがらがりそうな話で突っ込みどころもあるんだけど、ドキドキ感満載でした。
b0143308_20353123.jpg

『127 Hours~127時間』
登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル
ジェームズ・フランコ主演で映画化。
03年、当時27歳だったアーロン(フランコ)は金曜の夜、1人でユタの険しい谷、ブルー・ジョン・キャニオン
へロッククライミングに行く。
誰も通りそうにない谷間で落下し、落石に右手を挟まれてしまう。
谷底から一歩も動けず、助けを求める叫び声は無人の荒野に呑み込まれ・・・
そこから5日間、身動きの取れなくなったアーロンは持てる知恵と経験を駆使し
必死に脱出をはかる。死を目の前に初めて自分の人生と向き合うアーロン。生命の限界を超えた
127時間後、アーロンは遂に決断する・・・。

痛い・・・痛すぎる・・・ってのが、まず思ったこと。
片目をつぶり、直視することなく、また片目をつぶり・・・目を閉じる。
よく考えたら、こんな痛い映画はニガテかも(笑)
旦那クンはメガネを外し、観なかったらしい・・・(爆)
ダニー・ボイルらしく、テンポよく始まり軽快な音楽。男前な主人公や美しい渓谷。
この美しい渓谷を知り尽くした主人公が不可抗力で陥ったシチュエーションは
巨大な岩に右手が挟んで、身動きが取れなくなってしまう。冷静に状況を判断し
どうにか抜けだそうとするけど挟まれた右手は、そこにあるのが当然だと言うように
ピッタリとはまり、まるでそこにあるのが当然のように岩の一部と化して・・・。
b0143308_20353660.jpg

家を出る直前、母親からの電話に出なかった・・・
無精して棚に手を突っ込み、必要なもの(スイス製のナイフ)を取り損ねてしまう・・・
(中国製のナイフは使い物にならない・・・)
誰にもきっちりと行き先を伝えていなかったことへの後悔・・・
今までの時分好き勝手な行動を見直し悔いる主人公。そうなる前に何故、気付かなかったのか!?

飲み水が尽き、食料が尽き・・・意識が朦朧とし
生命の限界を超えた127時間後・・・
主人公・アーロンがとった行動は・・・うーん、痛すぎる(涙)
失ったものは大きいけれど、得られたものもたくさんある。

気丈に脱出し、生きるために歩きだす主人公。
誰にも依存することなく生きていた彼が、他の人に助けを求め
そして、何人もの人に支えられる姿を見て涙は溢れそうに・・・
人は支え合って生きているんだと、実感した映画でした。

6月に観た映画、3本でした♪
[PR]
by kash-w | 2011-11-26 21:49 | 映画 | Trackback | Comments(8)
深山第一砲台跡・・・そして、Cafe古屋アパートへ。
和歌山市加太にある『由良要塞・深山第一砲台跡』
b0143308_2265346.jpg

砲台跡は、友ヶ島が有名だけど
深山第一砲台跡は、瀬戸内海国立公園内の休暇村・紀州加太に行く途中の散策道にあります。
b0143308_227892.jpg

前日は雨。そして、次の日は晴天!
この日は友ヶ島へ行く予定でしたが、強風のために船が欠航し断念。
b0143308_2273039.jpg

でも、コチラもなかなか見ごたえありました。
b0143308_2274058.jpg

中が暗くて・・・
さすがに怖くて中に入れなかった・・・
b0143308_2275155.jpg

展望台から・・・
天気がいいと、淡路島まで見えます♪
b0143308_2281270.jpg

由良要塞は、大日本帝国陸軍の要塞の一つで大阪湾防衛の目的で
紀伊半島と淡路島の間の紀淡海峡周辺に作られたんだそうです。

b0143308_2282263.jpg

沿岸砲台群を内陸側からの陸上攻撃から防護する目的で設置。
b0143308_2283172.jpg

加太は大阪(岬町)に近い場所にあります。
こんな近くに、砲台があるとは・・・

b0143308_2284536.jpg

そして、自然が一杯・・・
b0143308_2285429.jpg

友ヶ島・・・
いつか、リベンジしなくっちゃ。

b0143308_229595.jpg

和歌山市古屋にある『Cafe 古屋アパート』

b0143308_2291994.jpg

本当にアパートの1階にあるお店。
b0143308_2293314.jpg

まずは、駐車場を探すのに必死・・・
ガソリンスタンドの手前に道があって、そこを入って行くと駐車場はありました。

b0143308_2295138.jpg

b0143308_2210728.jpg

ここがアパートの1室だったと思えないくらい。
b0143308_22102095.jpg

ステキな空間が広がってました。
b0143308_22103325.jpg

旦那クンは『るんるん丼』
ハンバーグが入ってます。
そして、白米か雑穀米か選べます。もちろん、彼は白米♪
b0143308_22104522.jpg

私は、少なめ定食。日替わりのメインを2種類の中から1つ選べ
小鉢が2つ、サラダ、お味噌汁、ご飯(白米か雑穀米)が付いている美味しい定食♪
(多め定食もありました。こちらは小鉢が4つ)
b0143308_22105641.jpg

お隣にお住まいの方の部屋、ちょっと覗きたくなります。
本当はどんな感じの部屋だったんだろ・・・。
b0143308_2211836.jpg

哀愁漂うTVが、なんとなくノスタルジックです。
b0143308_22112173.jpg

[PR]
by kash-w | 2011-11-24 22:11 | 和歌山 | Trackback | Comments(10)
秋の紀州路・2011
秋の紀州路・・・
b0143308_2044926.jpg

向かった先は和歌山城♪
b0143308_20443887.jpg

青空の中、和歌山城を散策します。
b0143308_20445739.jpg

中国人観光客が多くて・・・
ちょっとビックリ。
b0143308_20451184.jpg

和歌山城は、豊臣秀吉が弟の秀長に命じ築城。
のち、徳川家康の第十男の徳川頼宣が入城して以降
御三家・紀伊徳川家の居城になり
五代藩主が暴れん坊将軍で有名な徳川吉宗なんだそうです♪
b0143308_20452046.jpg

ちなみに、TV(暴れん坊将軍)で江戸城として映っていたのは姫路城~(笑)
b0143308_20453372.jpg

天守閣から和歌山の街を一望♪
b0143308_20454839.jpg

大阪方向・・・
b0143308_2046016.jpg

紀の川の色と海の色が違ってるのが印象的。
b0143308_20461581.jpg

御橋廊下。藩主とお付きの人だけが二の丸と西の丸を行き来するために
架けられた橋なんだそうです。
b0143308_20465536.jpg

外から見えないように壁と屋根が設けられ部屋の廊下のようになっていました。
斜めに掛かる廊下橋。

b0143308_20472057.jpg

こちらは、江戸時代の図面をもとに平成18年3月に復元されたものなんだそうです。
b0143308_20473487.jpg

紅葉渓庭園・・・
b0143308_20475653.jpg

紅葉がとっても綺麗でした。やっぱり、秋っていいなぁ・・・。
b0143308_2048156.jpg

この木、TVの「ナニコレ珍百景」でMV珍に選ばれたんだそうです。
何がかというと・・・
b0143308_20482879.jpg

根っこが人の形になってて、必死に階段を上ってます(笑)

b0143308_20483945.jpg

これは、豚のお尻に見えた(笑)
b0143308_2048484.jpg

国道沿いも色づいていて、車で走ってても秋が感じられました♪
b0143308_2049082.jpg

[PR]
by kash-w | 2011-11-23 20:49 | 和歌山 | Trackback | Comments(8)
夜のIKEAへ・・・
平日の夜、仕事が終わってからIKEA・鶴浜店へ。
b0143308_22312614.jpg

帰ってから、家でご飯を食べようと思ってたのに
誘惑には勝てず・・・
だって、平日は会員はこのミートボールが半額!
b0143308_22313657.jpg

そして、見つけちゃった・・・
ホットケーキ&バニラアイス♪
b0143308_22315056.jpg

メイプルシロップをかけて・・・
あー、でもこれはチンの味(笑)
b0143308_2232291.jpg

平日はドリンクも無料♪

夜のIKEAは、空いてるので見やすくて快適。
b0143308_22321061.jpg

食いしん坊なので、ポテトチップスを買って帰りました。
b0143308_22322627.jpg

う~ん、1度食べたらやめられない・・・。
b0143308_22324295.jpg

ポテトチップスを買いに行ったわけではなく・・・

More・・・コレを買いに行きました♪
[PR]
by kash-w | 2011-11-21 22:33 | 大阪 | Trackback | Comments(10)
パンケーキ専門店『Butter』
パンケーキ専門店が出来たと知って行きたい虫がウズウズ・・・
やっと、行くことが出来ました♪
吹田市豊津町にあるパンケーキ専門店『Butter~バター

b0143308_21394989.jpg

地下鉄御堂筋・江坂駅から徒歩3分のところにあるみたいです。

少し待ったんだけど、待つところがお店の外なので
ちょっと寒かった・・・。(席は空いてたんだけど、一度に入れたらさばききれないからかな~)
b0143308_21395882.jpg

いろんなパンケーキがあって、悩む・・・
選んだのは、シンプルにバターミルクパンケーキ・メイプルシロップ。
枚数が選べて、1枚ずつ食べようと2枚にしました。

ふんわりとしたパンケーキ♪
そのまま食べても美味しい~!
b0143308_2140960.jpg

食事系のパンケーキも気になるなぁ・・・。
b0143308_21401888.jpg

パン屋も併設していたので、買ってきました。
お店の焼印をしている、可愛い食パンもありました♪
(買わなかったけど・・・)
b0143308_21402953.jpg

あんぱん~♪
そして、塩フォカッチャ。美味しく頂きました~。
b0143308_21403828.jpg

[PR]
by kash-w | 2011-11-20 21:40 | 大阪 | Trackback | Comments(6)
ムビムビ・MOVIE@May.2011
5月に観た映画。

『阪急電車~片道15分の奇跡』
兵庫・宝塚市の宝塚駅から西宮市の今津駅までを結ぶ阪急今津線が舞台。
婚約中の恋人を後輩社員に寝とられたアラサーOL(中谷美紀)
恋人のDVに悩む女子大生(戸田恵梨香)
息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人(宮本信子)
セレブ気取りの奥様たちとの付き合いに疲弊する平凡な主婦(南果歩)
おしゃれな大学になかなか馴染めない地方出身の男女。
年上の会社員と付き合いながら、憧れの大学を諦めきれない女子高生・・・
片道15分のローカル線でそれぞれの人生が交錯し
小さな奇跡の数々を描いた作品。

高校時代の3年間、お世話になった阪急電車。あの3年間は毎日が楽しくって。
JRや地下鉄・阪神電車、京阪電車に南海電車・・・
いろんな電車に乗ったけど、どの電車の乗客にも色があって。
阪急電車はその中でも落ち着いていて、上品という言葉が当てはまってたなぁ。
(環状線では、ワンカップを持ったおじさんに絡まれたり・・・暴言を吐かれたり・・・
連結のところでお小水したり手鼻を噛んで座席で拭いてるおじさんがいたり・・・)
それはさておき・・・(笑)
この作品、初めて知ったのは映画が作られる数年前に聴いた浜村淳のラジオドラマ。
引きこまれるストーリーで、思わず本屋さんで立ち読みした覚えが・・・(笑)
そんな作品を映画化。これは、観ないと!さすが、関西を舞台にした映画。
映画館は満員!
先輩の婚約者を寝とる後輩(安めぐみ)は嵌り役だったなー。彼らの結婚式に
招待するように言い式場に現れた先輩OL。
これって出来そうで出来ない(後が虚しいし・・・)でも、観ててすっきりだなー。
阪急電車の中で、それぞれの人生が交錯する・・・どのエピソードもいい話でした。(でも、宮本信子の
関西弁は頂けない・・・
大阪のおばちゃん、あんなにうるさいか!?いや、いるなぁ・・・なんて
こういう細かい突っ込みどころを探すのもオモローだったかも)
あ・・・3年間、通ったけどこんなことはなかったけどね~。(今津線でなく、京都線だけど・・・)

b0143308_21144599.jpg

『八日目の蝉』
1985年、不実な男を愛し子供を身ごもるが
自らが母親になれなかった宮本希和子(永作博美)は不倫相手の子を誘拐し
わが子として育てる。
刹那的な逃亡を繰り返し、絶望と幸福感の中で疑似親子となるが
逃亡生活は4年の終止符を打つ。
4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上真央)
育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。
やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった・・・。

不倫相手の子供を身ごもったものの、中絶。子宮の癒着で2度と子供を産めなくなった希和子。
『あなたの子宮はからっぽだ』と不倫相手の奥さんにののしられ
不倫相手の子供を連れ去ってしまって・・・感情移入して観てしまうんだけど
彼女のとった行動は決して許されないこと。ここで、犯罪者としてみるか1人の女として見るかで
見方が変わってくるかも。(旦那クンは犯罪者としてしか見れなかった)
自分の子供でないのに
愛情一杯注いで育てる希和子。4年間、子供を育てることが出来なかった実の母親は
子供が返って来ても、どうやって愛して育てればいいのかわからない。
また、愛すること・愛されることが分からない。
娘の恵理菜(カオル))も不倫相手の子供を身ごもってしまって悩みます。
過去と現在をリンクして進むストーリー展開。美しい映像はまるで絵画のよう。
小豆島の虫送り(夜の棚田をたいまつが彩る伝統行事)は息を飲むほどの美しさ。
日本にもこんなに美しい場所があったなんて。
宗教団体(!?)のエンジェル様役の余貴美子、嵌り役ー!でもこれ、夏木マリでもありだなーとか
ヒステリックな母親役が嵌ってる木村佳乃も将来的にはありかなーなんて思ったり(笑)
b0143308_2115451.jpg

『Letters To Juliet~ジュリエットからの手紙』
ニューヨーカー誌の調査員として働くソフィー(アマンダ・サイフリッド)は
婚約者のヴィクターとシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となった
イタリア・ヴェローナを旅で訪れた。
自分のレストランの開店を控えたヴィクターは、食材探しに忙しいため
ソフィーは、一人で「ジュリエットの家」を訪れ
世界各地から寄せられたジュリエットへの手紙の山に驚く。
そこで、ジュリエットへの恋愛アドバイスを求める手紙への返信を行う
ボランティアグループに出会う。
ソフィーは50年前に書かれた手紙を見つけ、返信すると手紙を書いた本人のクレアと
その孫のチャーリーが現れ・・・

アマンダ・サイフリッドが出てる映画、今年何本観たことか・・・
別に好きな女優さんではないんだけど。
異国の美しい地で、知り合った男性に反発しながらも心惹かれハッピーエンド・・・
そんなうまいこと行く!?的な展開なんだけど
こういう恋愛映画、大好物(笑)いえ、大好きです~♪

お気の毒なのはフィアンセのヴィクターくんだな。
b0143308_21151460.jpg

『Black Swan~ブラック・スワン』
ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は
純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る
『白鳥の湖』のプリマドンナに大抜擢される。
しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく
悪の分身である“黒鳥”に変身することは大きな課題となる。
初めての大役を担う重圧、なかなか黒鳥役をつかめない焦燥感から
精神的に追い詰められていくニナ。
さらにニナとは正反対で、“黒鳥”役にぴったりの官能的なバレリーナ・リリーが
代役に立ったことで、役を奪われる恐怖にも襲われる。
次第にニナの精神バランスが崩壊し・・・そして、初日が近付き・・・

『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督作品。最近、レスラーを観たんだけど
キャスティング(ミッキー・ローク)もストーリーも素晴らしくて。
レスラーが、男性のための映画ならば
コチラは、純真と官能・・・美と狂気・・・ナタリー・ポートマンが当たり役の女性のための映画。
バレエ映画と思いきや、徐々に崩壊していく姿がとてつもなく怖くって。
或る意味、ホラーだわ。(ウィノーナ・ライダーの迫力も・・・)
ラスト、『白鳥の湖』を見事に踊りきったニナ・・・肩の力が抜け涙がこぼれました。
うーん、私・・・何の涙だったんだろ!?


b0143308_21152246.jpg

『The Kids Are All Right~キッズ・オールライト』
ニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は結婚して
南カリフォルニアで暮らすレズビアンのカップル。
彼女たちにはそれぞれ子供がいて、家族4人で暮らしている
ジュールスの息子で弟のレイザーは、大学進学で家から出てしまう姉のジョニに
『自分たちの父親を知りたくないか!?』と持ちかける。
2人が初めて会う“遺伝子上の父親”ポールは、気楽な独身生活を送っていた。
子どもたちがポールに会っている事を知ったニックとジュールスは動揺するが
ポールを家に招いて食事会を開く。

レズビアンカップルとその子供たち4人の家族と言う設定だけで不思議なのに
遺伝子上の父親を含む5人の奇妙な『家族』関係・・・
凄く特殊で複雑なのに愛情が溢れてて。母親が2人いても、父親がいなくても・・・
そんなの関係ないっ!
家族の絆を感じさせてくれる・・・そんな作品でした。
あ、ジュリアン・ムーアの濡れ場はビックリだったなぁ・・・。
b0143308_21153886.jpg

5月に観た映画、5本でした♪
[PR]
by kash-w | 2011-11-18 21:57 | 映画 | Trackback | Comments(8)
パン屋さん@大阪
大阪市北区堂島浜にある『Boulangerie Amelie~ブーランジェリー・アメリ
b0143308_21594936.jpg

北新地に新しいパン屋さんが出来たと聞いて行ってきました。
b0143308_220784.jpg

可愛い外観♪
b0143308_2201819.jpg

小さいけど、イートインスペースもありました。
今回は、お持ち帰り♪
b0143308_2204563.jpg

どれにしようか悩んで・・・
数種類、買ってみました。
b0143308_221072.jpg

この抹茶と小豆が入ったパン、美味しかった♪
b0143308_2211150.jpg

大阪市中央区材木町にある『Bakery&Cafe SAK.kitchen

b0143308_222103.jpg

美味しそうなパンがずらりと並んで、目移りしちゃう。

b0143308_2214624.jpg

チョコミントタルト♪
イートインが出来たので、ちょっと一休み。
b0143308_2215677.jpg

お持ち帰りも!
メロンぱんの羽、パリパリで美味しくって♪
あんぱんもGET~。
b0143308_2212778.jpg

美味しいパン、満喫です。
[PR]
by kash-w | 2011-11-16 22:02 | 大阪 | Trackback | Comments(12)
美味しいお米、頂きました~♪
嬉しいお届ものがもう1つ♪

名古屋に住むまゆさんから今年の新米を頂きました~!
ご飯に合うもの・・・
いろいろと考えて・・・
まずは、豚の生姜焼き♪
白いご飯と合うー!!
b0143308_21564142.jpg

そして、ハヤシライス~。
b0143308_21565113.jpg

でも、やっぱりおにぎりかな♪
ゆかりを振ったものとシンプルに塩むすび!
b0143308_21565946.jpg

究極(!?)の大阪メニュー!?
けつねうろん・・・いえ、きつねうどんとおにぎり♪
ええ、コレ・・・晩ごはんです(笑)

噛み締めると甘いご飯、やっぱりお米の美味しさを感じられるのはおにぎりかも。
う~ん、最高です!
b0143308_21571166.jpg

まゆさん、いつもありがとー!
今年も美味しく頂いてます♪
[PR]
by kash-w | 2011-11-14 21:58 | おうちごはん☆ | Trackback | Comments(8)