「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ムビムビ・MOVIE@November.2010
2010年11月に観た映画。

『Limit~Buriedーリミット』
イラクでトラック運転手として働くアメリカ人・ポール(ライアン・レイノルズ)
ある日、突然何者かに襲撃される。目を覚ますと、地中深くに埋められた棺の中に・・・。
手元にあるのは充電切れ間近の見知らぬ携帯電話・オイルの尽きかけたライター・ナイフ・ペン・酒。
そして残り90分の酸素のみ。タイムリミットが迫るなか、ポールはあちらこちらに電話を掛け
懸命に助けを求め、必死に脱出を試みるが・・・。
b0143308_2143587.jpg

上映時間、95分。カメラは、ずっと棺に横たわる主人公を追ってます。
(95分ずっとこのワン・シュチュエーションって、或る意味凄い・・・)
緊迫する時間、リミットは刻々とやってくる。警察に電話が繋がって、助けを呼ぶんだけど
電話は次々と違う場所に回されて・・・挙句の果てに
テロと取引はしないというアメリカ。

緊迫した電話の会話。
助けは来るのか!?そして、間に合うのか!?
狭く閉塞された映画館(大阪では、テアトル梅田で上映)でも
主人公と同じように息苦しさを感じます。
手に汗握るラスト・・・ポールを救うことは出来るのか!?
私は、やっぱり・・・って思ったかな。
b0143308_2144442.jpg

今もなおイラクで戦うアメリカ軍。
こうやって、犠牲になった方ってたくさんあるんだろうなぁ。
ホラー映画よりもこういう映画の方が怖いです。

11月に観た映画、1本でした。
[PR]
by kash-w | 2011-02-28 21:44 | 映画 | Trackback | Comments(4)
美味しいイタリアンと本に囲まれたカフェ♪
大阪市北区中之島、ダイビルの中にある
『TAVOLA CALDA Arialasca Marble*tre~アリアラスカ マーブルトレ』へ。

b0143308_21401143.jpg

1000円のランチを頂くことに♪
前菜とパン、2種類のパスタから選べます。前菜のライスコロッケがヒットでした~。
b0143308_21402677.jpg

旦那クンが選んだパスタ。
b0143308_21403810.jpg

私は野菜たっぷりのクリームソースのペンネ。
少しもらった、旦那クンのトマトソースのパスタが美味しくって~。

こちらのランチ、平日はこれにドリンク・デザートが付くそうです。
b0143308_21405247.jpg

お腹一杯になったので、天神橋までお散歩。
向かった先は『時色~tokiiro
b0143308_21411757.jpg

可愛い看板に目を奪われて、2階にあるお店へ・・・
b0143308_21413081.jpg

b0143308_21422542.jpg

喫茶のメニューも可愛くって♪
b0143308_21424220.jpg

たくさんの本に囲まれたお店。
もう、座るなり目の前にある本を手にしました。
b0143308_2142625.jpg

アイスコーヒーを飲みながら・・・
こちら、おやつ付きの嬉しいサービス♪
b0143308_21424975.jpg

本は1冊2週間、100円で5冊まで貸してくれます。
久しぶりに読んだサザエさん、嵌りました~♪
よく、散髪屋さんで読んだなぁ・・・(笑)
b0143308_21425572.jpg

[PR]
by kash-w | 2011-02-26 21:43 | 大阪 | Trackback | Comments(18)
食いしん坊、うーちゃん♪
お久しぶりのうーちゃん。
元気です♪
b0143308_21273655.jpg

今日もおやつのビスケット、狙ってます(笑)
b0143308_21274385.jpg

狙った獲物は逃さない!!(爆)
大きな口を開けて・・・見事、キャッチです♪
b0143308_2127493.jpg


More・・・ちょっとした悩みごと。
[PR]
by kash-w | 2011-02-24 22:08 | うーちゃん | Trackback | Comments(16)
ムビムビ・MOVIE@October.2010
2010年10月に観た映画。

『Le Petit Nicolas~プチ・ニコラ』
フランスの国民的絵本『プチ・ニコラ』を実写化。
1960年代のパリ。学校で「将来なりたいもの」という題の作文を書くことになったニコラ。
毎日が楽しく、変わることを望んでないニコラは悩みます。
そう、ニコラは優しい両親と仲の良い友人がいれば充分!
そんなある日、ニコラは両親の会話を盗み聞きし、弟が生まれると信じてしまいます。
弟が生まれたら森の中に捨てられるかもしれない・・・と不安になったニコラ。
そこで、友達とある計画を思いつき・・・。

実は違う映画を観ようと思ったんだけど、時間的に合わなかったので
観た映画でした。でもこれが、めっちゃ可愛くって♪
この絵本のことは、恥ずかしながら知らなかったんだけど(日本で言う「サザエさん」や
「ちびまる子ちゃん」アメリカで言う「スヌーピー」のような存在なんだそうです。)
今の時代にはない、のほほ~んとした温かい雰囲気に癒されました。
ニコラのパパがまた、オモローで!
愛すべき友達のキャラクターもわかりやすくって、可愛くって。
ギュッと子供たちを抱きしめたくなりました~♪
観た後、にっこりと優しい気持ちになったのは言うまでもありません~。
b0143308_22443391.jpg

『Knight & Day~ナイト&デイ』
理想の男性を追い求める平凡な女性ジューン(キャメロン・ディアス)
ある日、空港でハンサムな男(トム・クルーズ)と運命的な出会いを果たす・・・。
だが、実は男の正体は重要な任務を帯びたスパイだった。
男との出会いから、何度も危険な目に遭遇するジューン。
やがて男に疑いの念を抱きはじめる・・・。

痛快~。これぞ、ハリウッド映画~ってくらい(笑)
テンポがよくて、ストーリーもわかりやすい。
バンバンと撃たれても球が主人公の2人には当たらないー!(爆)
アクション、そして2人の恋の行方。トムもキャメロンもステキなんだけど
でもでも、ちーっと年を感じちゃう・・・(笑)そこがいいのかしらん!?

絶対に死なない、大けがをしない、トム・クルーズが命がけで守ってくれる!なら
こんな冒険、いいわ~(笑)
b0143308_22444158.jpg

10月に観た映画、2本でした。
[PR]
by kash-w | 2011-02-22 22:57 | 映画 | Trackback | Comments(8)
コメダでハピハピ・バースデー!!
コメダのシロノワール(ミニ)で、学生時代の友人・nちゃんの誕生日のお祝い♪
あ、写真を撮るのとお喋りで『おめでとー♪』って言うのを忘れてた・・・(汗)

改めて、『ハッピー・バースデー!!nちゃん♪』
早生まれの私たち。同級生よりも1歩遅れて大台に突入~!(笑)
b0143308_22455889.jpg

小さい頃は、4月生まれの子と比べて
1年遅れているようで嫌だったけど
今となっては、誕生日が少しでも遅い方が嬉しいかも~(笑)

久しぶりに食べたシロノワール、美味しかった~♪

More・・・いろいろ頂いております♪
[PR]
by kash-w | 2011-02-20 23:01 | お土産(国内) | Trackback | Comments(22)
パンケーキorワッフルホットケーキ!?
少し前ですが、三田プレミアムアウトレットへ・・・。
関西にあるアウトレットで1番、好きかも。
b0143308_22122817.jpg

神戸・元町にある『観音屋』が出店しています。
『REAL DINING CAFE KANNONYA』
b0143308_22124492.jpg

パンケーキがあったので食べちゃいました♪
バナナの色が少し黒かったのが残念だったけど(笑)

デンマークチーズケーキで有名なんだけど、あえてパンケーキです♪
b0143308_22125074.jpg

こちらは、更に以前に行ったとき・・・
『ワッフル・ケーキの店 R.Lエール・エル』
b0143308_22131356.jpg

初めて行ったとき、に食べたのは10段重ねのワッフルタワー!(笑)
b0143308_22132054.jpg

この日は、4段重ねの
ふわふわワッフルホットケーキ♪

b0143308_22132749.jpg

う~ん、このビジュアルだけで幸せ~♪
[PR]
by kash-w | 2011-02-19 22:13 | 兵庫 | Trackback | Comments(4)
ムビムビ・MOVIE@September.2010
2010年9月に観た映画。

『Frozen~フローズン』
週末だけオープンするスキー場にやってきた3人の若者・ダン、ジョー、パーカー。
最後の滑りを楽しもうと最終間近のリフトに強引に乗り込むが
スタッフの感違いで山頂への途中でリフトが停止してしまう。スグに復旧すると楽観するが
ライトが消え3人は地上15メートルのリフトに置き去りに・・・。
3人は、大声で助けを呼ぶがその声は届くことはない・・・。
ゲレンデが営業を再開するのは1週間後。
食料不足とマイナス20度の極寒。彼らは耐え切れず、何とか脱出を試みるが・・・。

典型的な若者の行動パターンに笑っちゃうんだけど、ホラー映画よりリアリティがあって想像するだけで怖いっ!
無謀にもリフトから飛び降りるダン。足から落ちて、案の定な結果に。これが痛いのなんの・・・。
動くことのできないダンにオオカミが群れで襲ってきて。
残された2人の深層心理も頷けて・・・。そして、その後にとった2人の行動・・・痛いっ。痛すぎる。
う~ん・・・寒さ、痛みが伝わってくるそんな映画でした。
想像しただけでも怖いー!!
これ、冷房がめっちゃ効いたことろでみたら更に怖かっただろうなぁ・・・。
b0143308_23232175.jpg

『悪人』
若い女性保険外交員・石橋佳乃(満島ひかり)の殺人事件。
ある金持ちの大学生・増尾圭吾(岡田将生)に疑いがかけられるが
捜査を進めるうちに寂れた漁村で暮らす土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上。
そんな時、祐一は紳士服量販店で働く光代(深津絵里)と出会い系サイトで知り合う。
孤独な2人が出会い、強く惹かれ合う。殺人を犯したことを告白され、光代は衝撃を受けるが
警察に自首すると言う祐一を引き留め2人は車で逃亡生活を始める。

誰しもが悪人の顔を持っていて、ちょっとしたことで被害者にも加害者にもなりえる・・・
殺人犯だから悪人だと決められない。
自分よりも劣っていると思ったら、見下したような態度をとる佳乃。そして、女友達さえも裏切ってしまう。
彼女も或る意味、悪人。
金持ちの増尾に媚を売って、ドライブに連れて行ってもらうが彼女に嫌気がさして峠で置き去りに・・・
(ざまーみろって思った私も悪人かしら!?)でも、この大学生も或る意味、悪人・・・。
いやでも、この岡田クンがまた嫌な大学生役、『告白』に続いてピッタリなのよね~。
被害者の家族(柄本明)が自分の娘のことを何も知らなかったってのも
加害者の家族(樹木希林)を追っかけるマスコミも・・・どうよっ!
救いは、加害者の家族に声を掛けるバスの運転手。そして、大学生・増尾の友人の1人・・・。

後半の逃避行が私には少し長いように感じだけど・・・
陰のある妻夫木聡、幸薄いが存在感がある深津絵里・・・
そして何といっても、脇を固める役者さんが本当に上手いなぁ~。
b0143308_23232961.jpg

9月に観た映画は2本でした。
[PR]
by kash-w | 2011-02-17 23:50 | 映画 | Trackback | Comments(8)
中之島公会堂。そして、ルーシー・リー展へ・・・♪
大阪市北区中之島にある中央公会堂。
大正7年に完成し、平成14年に保存再生工事を終えて
現在は国の重要文化財となっています。
b0143308_2128497.jpg

この素敵な建物の地下1階にある『レストラン 中之島倶楽部』へ。
b0143308_21282918.jpg

早い目に行ったものの、店内すでに満員!
ここは、老若男女・・・しかも、オサレ~な方々がそれぞれに食事を楽しんで
おられました~。
b0143308_21284554.jpg

200食限定のオムライス♪(スープ付き)
ケチャップライスもしっかり、味がついていて美味しいー!
ソースをつけて食べると更に美味しい~♪
b0143308_2129625.jpg

中央公会堂の斜め前にあるのが『大阪市東洋陶磁美術館』
2010年12月11日から2011年2月13日まで行われていた
『ルーシー・リー展』に行ってきました~。
b0143308_21291970.jpg

思ってた以上にステキな作品。
美しいピンク色・・・独特の釉薬レシピによって生み出された色あい。
本当に可愛く、そして美しい作品でした♪
b0143308_21292914.jpg

[PR]
by kash-w | 2011-02-16 21:59 | 大阪 | Trackback | Comments(20)
バレンタインの誘惑。
チョコよりもケーキがいいと言う旦那クンのリクエストにお答えして
ちょうど気になったお店があったので行ってみることにしました。
大阪市中央区南船場にある『espresso&diningbar Jamin~ジャミン』
b0143308_2227197.jpg

場所柄か、若い方が多かったかなー。
この辺り、イクメンも多くって。抱っこしてる男性多し。
(今のお父さんって、お帽子を被ってオサレねー)
b0143308_22271320.jpg

旦那クンが選んだのは、ミルクレープ♪

b0143308_22272671.jpg

バレンタインのケーキね!って思ってたんだけど、ドリンクが
来るのが遅くって、それどころでは・・・(汗)
ドリンクを待ってたら、アイスが溶けちゃう~。(一緒に食べたい派なので・・・)
b0143308_22273533.jpg

可愛いお店なんだけど、分煙でないし少し狭いので
煙草の匂いが服に染みこんじゃって。
・・・隣のお姉さん、前の友達の顔に煙がかからないように横(コッチ)を向いて吸うし。
吸うなら、がっつり前を向いて鼻から出せー!(爆)

More・・・HAPPY Valentine!!
[PR]
by kash-w | 2011-02-14 22:28 | 大阪 | Trackback | Comments(20)
ムビムビ・MOVIE@August.2010
2010年8月に観た映画。

『Salt~ソルト』
アメリカCIA本部の優秀な分析官イブリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)
突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。
特殊スパイ養成機関の元教官だという男は、アメリカに長年潜伏してきたロシアのスパイが
訪米中のロシア大統領を暗殺すると予告する。
そして、そのスパイの名は「イブリン・ソルト」だと告げる。
一転して二重スパイ容疑をかけられたソルトは、身の潔白を訴えるが聞いてもらえず
最愛の夫の身を案じてCIA本部から逃走する。

顔を変え、髪の色を変え・・・別人になりすまし真相を突き止めようとするソルト。
まさに、アンジェリーナ・ジョリーのためのアクション映画~!改めてアンジーを観て
キレイだなぁって思っちゃいました。
でもこれ、続編があるんだろうなぁ・・・。
b0143308_18409.jpg

『Zombieland~ゾンビランド』
新型ウィルスの感染拡大により、人類の大半がゾンビと化してしまった世界。
引きこもりの青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は
“生き残るための32のルール”を作り、それを実践して生き延びていた。
そんな中、コロンバスは最強のゾンビハンター・タラハシー(ウッディ・ハレルソン)や
美少女詐欺師姉妹ウィチタとリトルロックに出会い、ゾンビのいない夢の遊園地を目指すが……。

いつの間にやら、ゾンビが蔓延している世界。
家に引きこもり、何も知らなかったコロンバス。隣人の女の子が助けを求めてきて
ゾンビへと変わるのを見て現実を知ります。家を飛び出し
そこで1人の男と知り合うんだけど、その男が超変わりもの(笑)
Twinkiesと言うチョコが大好きで、そのお菓子のためならゾンビなんてなんのその。
頭にインプットされて、ハワイで見つけて食べました。(超甘くて、1回食べたらもう結構です・・・)
ビル・マーレイの家に行ってみようってことになるんだけど(何でや!?)ビル・マーレイ本人が
当人役で出てて。ゾンビにばれないようにゾンビに変身しておりました(笑)
もう、めっちゃ笑えます。でも結局、人間にゾンビと間違われてあっけなく・・・。あーあ・・・です。
もちろん、人間VSゾンビなんだけど、人間(男)VS人間(女性)だったり。
一味違ったゾンビ映画。オモローでした。
主人公のジェシー・アイゼンバーグくんは、『ソーシャル・ネットワーク』で主人公・マーク・ザッカーバーグを演じています。
b0143308_184945.jpg

『Le Grand Alibi~華麗なるアリバイ』
「ミステリーの女王」ことアガサ・クリスティの名作小説「ホロー荘の殺人」を映画化。
のどかで美しい風景が広がるフランスの田舎の大邸宅に集まった9人の上流階級男女。
華やかなパーティーは、1発の銃声と女の悲鳴で突然打ち切られる。
パーティにはホストである上院議員夫妻・ゲストの医師夫妻・彫刻家・作家・女優などが参加。
1人の男が殺され、8人全員に『愛』と言う名の動機があった。しかしまた、全員に『アリバイ』もあった・・・。

原作を読んだことは無いので、誰が犯人なんだろ~!?と、真っ白な頭で
観ることが出来ました。設定は現代に変わってます。
男女の複雑な心理、華麗なる愛の駆け引き・・・
美しい大邸宅やインテリアに風景、そしてファッションも見逃せません。
でも・・・女って怖いです・・・。

b0143308_1841880.jpg

『キャタピラー』
第2次世界大戦中の日本。
シゲ子(寺島しのぶ)の夫・久蔵にも赤紙が届く。
勇ましく戦場へと向かったが、戦争から戻った久蔵の顔は無残にも焼けただれ
四肢を失っていた。
村中から奇異の目で見られながらも、多くの勲章を得た久蔵は「生ける軍神」として崇められる。
シゲ子は戸惑いながらも久蔵の尽きることのない食欲と性欲を埋めていく。
やがて日本に敗戦の影が色濃く迫り、久蔵は自ら戦場で犯した悪行に苦しみ始める。

寺島しのぶが、第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞。
戦争で四肢を失い言葉まで失った九蔵。
「軍神」と崇められるんだけど、実際は好奇な目で見られることに。
名誉の負傷と思われてるけど実は現地の女性を追いかけ回した時に負傷したもの。
待ちに待った旦那だったけど、その姿を見て取り乱す妻。
実際、そうだろうなぁ・・・。冷静に受け止めるなんてムリ。
親族は妻に押しつけて帰っちゃうし。食う・寝る・そして・・・。食う・寝る・そして・・・の繰り返し。
人間のありのままの姿を目の当たりにして、鬱積するシゲ子。

夫は、自分のことが載っている新聞や勲章が心の支え。
妻は、軍神の妻としての自分を誇示するために旦那に勲章を付けた軍服を着せ
リアカーに乗せて村を練り歩きます。
b0143308_1842627.jpg

終戦が迫り、心身のバランスが崩れた時・・・悲劇が。
普通に暮らしている私たちの心をも荒ませる戦争・・・。
改めて、戦争の恐ろしさを感じました。
低予算なので作りは、むむむ・・・っと思うところもあるけど
四肢を失った九蔵の体・・・どうやって撮ったんだろ~!?
鬼気迫る寺島しのぶの演技、怖い・・・いや、ウマいなぁ・・・。

8月に観た映画、4本でした。
[PR]
by kash-w | 2011-02-13 18:04 | 映画 | Trackback | Comments(16)